ハリ化粧品

まずは知ること!あまり知らない私たちの皮膚構造の解説

読了までの目安時間:約 2分

 

1530de5e0809ef02f948bc6e0c30c590_s

私たちの外的要因からシミやたるみ、老化現象の進行を遅らせてくれていたり、守ってくれているのは皮膚によるバリア機能のおかげであり
皮膚の構造は私たちの想像をはるかに超えた綿密な役割を果たしてくれているのです。


皮膚の知られざる構造

私たちの皮膚は、皮脂腺・汗腺・毛包等さまざまな付属組織からなっており、多くの機能を発揮する重要な器官です。主に、大きく分けると
三つの部分から成り立っています。

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

一つ一つの役目としては、表皮は皮膚を守るバリア機能として存在しており、真皮に関しては、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など
私たちの老化を防止してくれる成分たちを生成してくれる皮膚となっています。一番下の皮下組織に関しては、私たちが普段汗をかき、外へと
蒸発させてくれるエクリン腺・アポクリン腺といった汗腺を備えています。

表皮の更なる構造

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有棘層
  • 基底層

今あげた四つの構造をしています。わかりやすく言うと、怪我をした時に血が出ないときは表皮までが傷ついている現象であり、血がにじみ
出てきたりすると真皮にたどり着いてしまっている合図です。

皮膚の作用

  • 保護作用
  • 角化作用
  • 体温調節作用
  • 知覚作用
  • 分泌作用
  • 吸収作用
  • 呼吸作用
  • ビタミンD作用

私たちの皮膚に関しては、当然敏感肌・混合肌・乾燥肌・脂性肌といった肌質が存在しており、どの肌も環境などによるデメリットが存在します。
しかし、その肌にも得意な環境だったりも存在しますので、しっかりと把握しておけば、綺麗になりやすい期間が存在してくるのです。乾燥肌であれば湿気の多い日、脂性肌なら逆に乾燥している時期がチャンスです。

最近では混合肌・敏感肌用の化粧水や、化粧品が販売されているので活用してみるのもいいでしょう。まずは自分の肌質が、どの系統に偏っているのか知ることが大事です!例えばその他にも、アトピー性や、アレルギー性といった皮膚を持っている方もいらっしゃるので、一度、アレルギー検査などをして知ることも、ツールとしてオススメいたします。

 

20代後半女子へ!老け顔の原因と解消法

この記事に関連する記事一覧