ハリ化粧品

しわハリ&保湿効果のある本物セラミドの見分け方 / おすすめ化粧品

読了までの目安時間:約 6分

 

効果の高いセラミドを選ぶぼうとするとき、どんな点に着目して見分ければいいのかわかりません。では、まずはセラミドの種類やその原材料などをまずは見ていきましょう。 セラミドと一口に言ってもいろいろな種類のセラミドが、さまざま…


効果の高いセラミドを選ぶぼうとするとき、どんな点に着目して見分ければいいのかわかりません。では、まずはセラミドの種類やその原材料などをまずは見ていきましょう。
セラミドと一口に言ってもいろいろな種類のセラミドが、さまざまな化粧品に配合されています。セラミドには天然セラミド、活性型セラミド、疑似セラミドという三つに大きく分けられます。

様々な種類のセラミドについて

まずは天然セラミドです。天然セラミドは、馬などの動物、植物からつくられた天然成分由来のものになります。これは、数種のセラミド、そしてコレステロールも含有されており、お肌に浸透しやすいのが特長です。また、親和性が高いので、他の美容液やファンデーションなどともしっくりとなじみます。このため、メイクがよれたりもしにくくなると考えられます。

次に、活性型セラミドという成分について、説明していきましょう。活性型セラミドというのは、人のお肌の中にもともと存在しているセラミドと100%、まったく同じ成分で生成された成分となります。これは生成の方法を研究開発したり、酵母などの天然の原材料を使用して活性させているのです。

効果としては、天然セラミドと同レベルの効果が期待できます。そして、天然セラミドよりも安価につくることができますので経済性もよりよくなっています。しかも安全性についても問題ありません。しかしながら、成分表示としてはセラミドとしか表記されませんので、確認が必要な場合、メーカーへの問い合わせも考えることになるでしょう。
疑似セラミドという名前からしても、何かに似ているというイメージがあります。その通りで、セラミドに似た分子構造を持っているというだけであり、物としてはセラミドとはまったくの別なものとなります。

この疑似セラミドには、さまざまな独自の名前をメーカー側がつけている場合が多いです。商品の宣伝広告のために「〜セラミド」とつけていても、成分表示にはそのまま「〜セラミド」とは表記できません。

疑似セラミドかどうかを知るためには、成分表示をじっくり読んでください。そこに「N-(テトラデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシデカナミド」「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」という化学物質の名前が書かれたあったらそれは、「〜セラミド」という宣伝広告がなされていても、セラミドではないまったく別のものだと見分けることができます。

おすすめのセラミド化粧品

品質の高いセラミドを選ぶことがとても大切になります。HARI COSMEで人気のセラミド化粧品はアスタリフトとアヤナス。どちらもヒト型ナノセラミドを採用しており、その世界最小クラスの成分を肌の奥までしっかり到達させる技術力を持っています。

アスタリフトはスタンダードなしわハリ&保湿対策化粧品です。一方、アヤナスは敏感肌向けラインとなっており、より肌に優しくエイジングケアをしたい方から人気です。

そもそもセラミドとは

セラミドという美容成分の名前をきくことがあると思います。セラミドが入っている化粧品、セラミド入りのファンデーション、セラミド入りの美容サプリメントなどなど、たくさんの美容商品に配合されているセラミドですが、なぜ効果的なのでしょうか。

セラミドというのは、角質層のなかにある潤い、つまり保湿成分です。肌の「バリア機能」ともいえるセラミドは、角質の間に存在しています。とはといっても、セラミドというとどこに存在していて、いったいどんなものなのかという疑問も湧いてきそうです。

含まれている場所ですが角質には脂質も含まれています。その脂質のなかに実はセラミドが含まれているのです。そして、脂質の約6割はセラミドなのです。
お肌のうるおいを保ち、バリア機能を保持してくれるセラミドは、加齢とともに減少していく成分のうちのひとつです。そのため、加齢とともにお肌のハリが失われていっていると思ったら、セラミドも考えなくてはなりません。

バリア機能回復効果に期待できる

セラミドは肌のバリア機能も担っているのですが、加齢によってセラミドが減少するということはバリア機能が弱まるということにもなります。
これが加齢による敏感肌の原因でもあるのです。よく「若いときには全然平気だった化粧水にもかぶれるようになった」という話を聞きますが、これはセラミドの減少によってお肌のバリア機能が弱まったせいだともいえるのです。

セラミドを補うことでこのバリア機能を回復させるという働きが期待できるとともに、高い保湿による別の効果も期待できます。というのも、お肌のなかにもともとあるコラーゲンやエラスチンという保湿成分を安定させてくれる働きももっています。
コラーゲンやエラスチンがしっかりと肌をささえ、セラミドが保湿能力を保持すれば、肌のはり、弾力、シミ・シワの予防まで、アンチエイジング効果に期待がもてるということになるのです。セラミドの補給は、できれば20代後半から始めたいところですが、それ以降の方でももちろん積極的に毎日のお手入れに取り入れたいものです。

 

肌ハリ保湿成分 解説

この記事に関連する記事一覧