ハリ化粧品

ヒアルロン酸の肌ハリ保湿効果とは? / おすすめ化粧品

読了までの目安時間:約 3分

 

美肌には保湿が大切 人間という「生体」のなかに存在する水分量というのは、大人で体重の約6〜7割程度といわれます。でも、赤ちゃんの頃は8割なのに、加齢に伴って徐々に減少していくことはご存知だと思います。では、70歳ではどの…


美肌には保湿が大切

人間という「生体」のなかに存在する水分量というのは、大人で体重の約6〜7割程度といわれます。でも、赤ちゃんの頃は8割なのに、加齢に伴って徐々に減少していくことはご存知だと思います。では、70歳ではどの程度になっているかというと、5〜6割となります。半分くらいになってしまっているということになるわけですね。歳をとる事、イコール「水分を失う」事でもあるのです。

皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織と3つに分けられます。空気と接する角質層の性質として、湿度に左右されやすいというのが挙げられます。角質層の水分量が10%以下となると、乾燥肌と呼ばれるようになり、肌荒れも目立つようになります。みずみずしい美肌には保湿が大事だということはご存知だと思います。

角質層にはもともと水分を保つ働きがあります。それが「NMF(natural moisturizing factor=天然保湿因子)」と呼ばれるものです。これは、遊離アミノ酸が中心となり、乳酸(塩)、ピロリドンカルボン酸、アンモニア、グルコサミン、尿素、ムコ多糖類といった水溶性の成分が混合された物質をいいます。
この中の「ムコ多糖類」という粘り気のある物質のひとつが「ヒアルロン酸」なのです。

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸はいったいどんな働きをするのでしょうか。真皮層の保湿には、他の成分も確かにありますが、とくに美容成分として有名で、かつ美容に大きな働きを持つとされるのは、コラーゲン、エラスチン、コンドロイチン硫酸といった成分が関わってきます。
ヒアルロン酸は、その素晴らしい保湿力で、コラーゲンの働きをサポートしてハリを保つという働きをするのです。ヒアルロン酸の保水能力ですが、たった1gで5000倍〜6000倍の水分を保持できます。つまり、2L入りのペットボトル3本分となるのです。

肌の弾力やみずみずしさに尽力するヒアルロン酸ですが、これは加齢とともに酵素の働きが低下していきます。そうなると、新陳代謝も衰えてきます。よって、体内における合成能力も弱まっていきます。
ヒアルロン酸を人体に取り入れたり、お肌の表面から加えるということは、加齢によって弱まっているヒアルロン酸の能力を助けるという目的でも有効とされています。もともとは人の体にある物質ですから、安全性も非常に高いと考えられます。

人気のヒアルロン酸配合化粧品

HARI COSMEで人気の化粧品の中でも、特にヒアルロン酸を配合しているのはメディプラスゲルです。
オールインワンゲルですので、何度もアイテムを塗り重ねることによる肌刺激を防ぐことができ、乾燥性敏感肌の方からの支持も厚い化粧品です。

 

肌ハリ保湿成分 解説

この記事に関連する記事一覧