ハリ化粧品

肌が弱いと感じる人は、どんな肌状態になっているの?

読了までの目安時間:約 3分

 

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

お化粧品がピリピリと刺激を感じてしまうのは、「肌が弱い」と感じる1つの目安ですよね。敏感肌にも程度があり、進行してしまうとほんの少しの刺激でも肌があれてしまいます。また、肌に合わないスキンケア商品を使う事で肌が赤くなり、吹きでもがでてしまう事もあるのです。
肌質を改善したいと思っていても、なかなか会う化粧品が見つからないのは辛いですよね。そもそも、敏感肌の人の肌はそもそもどんな肌状態になっているのでしょうか。正しいスキンケアをするためには、原因を究明することが大切です。どうして肌が荒れてしまうのかを知ることで正しいケアを心がけましょう。


角質のバリア機能の低下

敏感肌になるそもそもの根源は、「角層のバリア機能低下」です。お肌が弱い人は、ほんの少しの刺激だけでも敏感に肌が反応してしまいます。お肌が敏感になっている人は、角層のキメが乱れています。つまり、本来であればある程度の刺激から肌を守る力を発揮するのですが、敏感肌は、肌が本来果たすべき力が十分に足りていない状態です。
その為、肌が乾燥したり、日常の生活で浴びる紫外線やほこり等の外部刺激それに、生理前や体調を崩したときに、肌が荒れてしまうのです。お肌が荒れることで、更にターンオーバーが乱れてしまう悪循環が起こります。表面にまだ若い未熟な細胞が角層として出てしまう事により、わずかな刺激でも炎症が起こります。

セラミドの減少

お肌の角層は、角層細胞と細胞間脂質がサンドイッチ状になって重なっています。幾重にも重なることによって、肌の水分が保たれて潤いが保たれているのです。そんな、肌の細胞の間にある脂質の約半分は、セラミドという成分です。お肌の潤いを保つためにとても大切なセラミドですが、肌が敏感な人はセラミドがとても不足しがちです。
セラミドはターンオーバーを行う中で生成されますが、お肌のターンオーバーが正常に働かない人はセラミド量も減少します。年齢を重ねることによっても減少するので、敏感肌こ年齢肌が起こりやすくなるのです。

皮膚表面の潤い不足

セラミドが減少することで肌表面の潤いが不足することにもつながります。カサカサとした乾燥肌は、肌の水分が少なくなってしまいます。
お肌の表面の潤いが足りなければ、外部刺激から肌を守ることができません。ウイルス、刺激物、ホコリ、紫外線などの外部の侵入から異物を守ることができません。

まとめ

肌が弱いと感じる人は、そもそも肌の乾燥が気になる乾燥肌であることが多いです。表面の水分不足、セラミド不足が原因で、肌のキメが乱れてターンオーバーが清浄に行われなくなります。お肌が弱い人は、少しの刺激だけで肌が荒れてしまいヒリヒリとした刺激を感じたり、ポツポツとした吹き出物や肌の赤身が出る事が多くあります。
また、生活の変化や少しのストレスを感じるだけでも肌があれることがあり、環境の変化に対しても弱いので、出来るだけ早いうちに肌質を整わせることが大切です。

 

肌が弱い方向けの敏感肌化粧品

この記事に関連する記事一覧