ハリ化粧品

お肌のハリ・弾力を取り戻す8つの栄養素とおすすめの食事品目

読了までの目安時間:約 5分

 

ハリ弾力食品.jpg

お肌のハリ・弾力を取り戻す成分と、それらが豊富に含まれる食品をまとめました。化粧品やエステの前に、インナーケアを押さえることで、より効果的なエイジングケアを行うことができます。今日から少しずつ食事に採り入れていきましょう。


お肌のハリ・ツヤは年齢を重ねるとともに失われてしまうものです。誰でも年を取るので、ある程度の衰えは仕方ないと思いつつも少しでも食い止めて若々しく見せたいと思うのが女心ですよね。

いくつになっても綺麗でいたいと思うのは当然のことですが、現実問題、ハリやツヤが失われてきた肌に嫌気がさしてはいないでしょうか。エステやクリニックなどでお金をかける前に、毎日の食事の中でお肌にいい成分を摂取できるようになりましょう。そこでお肌のハリ・弾力を取り戻す成分と食品を紹介いたします。

お肌のハリ・弾力を取り戻すための成分と食品

ハリ弾力食品
お肌のハリが足りないことが悩みになったら、どのような食事に気を付けたらいいのか考えてみましょう。化粧品だけではなくインナーケアも大切です。栄養成分を重視した食事は、どのような成分に注目すればいいのか考えてみます。

ビタミンA

ビタミンAとして摂取できるのは動物性のみですが、βカロチンとして野菜から摂取することができます。お肌の新陳代謝を促す効果がある成分です。

ビタミンAを多く含む食べ物

レバー、ウナギ、ニンジン、抹茶、のり、など

ビタミンC

お肌の真皮まで届きやすい成分で、肌を白く健やかな状態に。抗酸化作用に優れていて、コラーゲンのほか有効成分の吸収率を高めます。

ビタミンCを多く含む食べ物

レモン、パセリ、苺、ピーマン、アセロラ、キウイフルーツ、レバー、サンマ、サバ、など

ビタミンE

抗酸化作用に優れていて、細胞内部の老化を予防する効果があります。活性酵素を抑えて、年齢肌の出にくい状態を保ちます。

ビタミンEを多く含む食べ物

アボカド、アーモンド、レバー、など

コラーゲン

お肌の弾力をアップさせるのに有効な成分です。潤いを与えて、保水力をアップさせます。また、エイジング肌を進める乾燥からお肌を守ってくれます。

コラーゲンを多く含む食べ物

ふかひれ、鳥の手羽先、軟骨、豚足、ふかひれ、ニワトリのトサカ、ウナギなど

エラスチン

コラーゲンを結びつける役割をしていて、肌のハリと弾力アップに効果的です。

エラスチンを多く含む食べ物

鳥の手羽先、軟骨、牛筋、など

コエンザイムQ10

肌細胞を活発にする効果があり、肌の弾力をアップさせます。

コエンザイムQ10を多く含む食べ物

ホウレンソウ、牛肉、レバー、ブロッコリー、など

カルシウム

骨を強くする役割のほか、皮膚の抵抗力を高めます。炎症を抑える作用で、肌を健やかな状態に導きます。

カルシウムを多く含む食べ物

チーズ、牛乳、小魚、など

亜鉛

新陳代謝を活発にする効果があります。肌の若々しさに必要なコラーゲンを増やす効果があるのでお肌のハリアップ効果を期待することができます。

亜鉛を多く含む食べ物

牡蠣、レバー、するめ、牛肉、など

お肌のハリ・弾力に良くない成分と食品

逆にお肌に良くない食品や成分と言うものがあります。毎日、有効的な成分を心がけて摂取するようにしていても、悪い成分を同時に取り組んでいるようではいけませんよね。

代表的なのは、お酒、炭水化物などの糖質、甘いものなどの糖分などです。他にも、油分や添加物もよくないので、外食は控えめにしましょう。

嗜好品は、ストレスを溜めこまない程度のほどほどにして、少しずつ減らすことを心がけるのがポイントです。人間の生活では、毎日食べ無ければならないですが、折角食べるのであれば、美容を意識した食生活を送ってみてはいかがでしょうか。

栄養成分を考えながら、食事を取ることがとても大切です。外側からのスキンケアだけでは足りないことがありますから、身体の内部からきれいにしていくイメージで食べ物にも気を使ってみてくださいね。

すぐに目に見えた効果があらわれなくても、長い目で見たときに、周りと比べてずいぶん若々しくハリのある肌が実感できるはずです。
一番いいのは食事で栄養成分を補う事ですが、どうしても不可能な場合にはサプリメントやドリンクで補うのもいいですね。ただし、取り過ぎには逆に悪影響が出ることもあるので、どれだけ摂取したらいいのか、よく考えてください。

また、肌にハリ・弾力を取り戻す化粧品を併用することで、より即効性のあるケアを行うことが可能です。ポイント使いから採り入れていかれることをおすすめします。

 

肌のハリ・弾力を取り戻す方法 基礎講座

この記事に関連する記事一覧