ハリ化粧品

肌のたるみを引き起こす3つの原因と基本対策方法

読了までの目安時間:約 5分

 

たるみ原因.jpg

肌のたるみを引き起こす原因を3つのポイントからわかりやすく解説。原因を踏まえて基本的な対策方法をお伝えします。原因と対策の選択肢がわかれば、たるみの解消に着実に近づくことができます。


昔はピンと張ったツルツルな肌だったのにと、鏡を見るたびにため息が出てしまう事はないでしょうか。20代から始まる肌のエイジングですが、まだまだ大丈夫と思っていた人ほど、気が付いたころには肌がどんどんと弛むもの。年齢と共に下がる顔の皮膚に、嫌気がさしてしまいますよね。

たるんだ頬や、だらしがない顎周りの年齢肌は10歳以上老けて見えてしまう事もあります。「年だから仕方がない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんがお肌のたるみは、年齢肌がすべての原因ではありません。

同窓会や同年代のままともを見回したときに、自分よりもお綺麗な方っていらっしゃいませんでしたか。お肌のたるみの原因を知って、しっかりとした対策をすればいくらでもエイジングを引き留めて若返りを目指すことができます。

肌のたるみを引き起こす3つの原因

たるみ原因

肌の外側から

タルミの原因の一つは肌の外側からの影響です。コラーゲンやエラスチンが減少、質が変化することで肌の弾力が失われてタルミが増えてしまう事が考えられます。たとえば、紫外線対策を怠っていたことによる肌ダメージや乾燥は、お肌のターンオーバーを乱すだけではなく、弾力そのものを失わせます。

肌の内側から

外的要因はもちろん、内的要因がとても重要です。心身ともにストレスを溜めこむ生活を送っていないでしょうか。精神的ストレスは、心だけではなくお肌もボロボロにします。適度にストレスを発散して、悩み過ぎないことが足し悦です。お肌のターンオーバーが崩れ、正常に働かなくなります。肌あれから、タルミを増やす原因になるので、注意が必要です。

不規則な生活

生活習慣の乱れはお肌に良くありません。乱れた食生活、飲酒、喫煙、睡眠不足は活性酵素を増やす原因です。外食は添加物や油分、糖質など、肌のたるみに悪影響な成分がたっぷりです。嗜好品に関しては、出来ることならば断絶が一番です。禁煙、禁酒を心がけるだけでもずいぶん肌の調子が変わるのを実感できるはずです。また、晩酌をしないで就寝時間を速めればお肌にもいい影響があります。
禁酒禁煙がムリだとしても、今よりも少しでも量を減らす事を考え、少しでも早く寝るなど生活習慣を正しましょう。

肌のたるみの基本対策

食生活をただす

ビタミン、ミネラル、コラーゲンなどをしっかりと取ってお肌の細胞生成を促すようにしていきましょう。外食が多い人は、少しでも自炊をするようにするか、生野菜を多くとり、色の濃い野菜を積極的にとるといいです。野菜をプラスするだけでも、タルミに効果的な栄養分が沢山とれるでしょう。

ハリアップの元であるコラーゲン、潤いを与えるヒアルロン酸他にもセラミド、エラスチン、ビタミン類などを普段の食生活で意識して摂取していくことが大切です。

筋力をつける

タルミの原因の一つが顔の筋力の低下です。顔にある表情筋は、年齢と共に衰えていきます。筋肉が衰えると、皮膚や皮下脂肪を支えられなくなるために皮膚が下がりどんどんと肌が弛んでしまいます。

テレビを見ているとき、家事をしているときなど時間があるときに、意識をして顔を動かすタルミトレーニングを行うといいでしょう。方法は、大きく「あ」「い」「う」「え」「お」の口を繰り返す、首の回りの筋肉のコリを解消させるために首を回すなどが有効的です。

エイジングケア系化粧品を使う

日々のスキンケアに使う基礎化粧品に、エイジングケア系のものを使うことも有効です。生活習慣で内部からのケア、化粧品で外部からのケアをダブルで行うことで、効率的に対策をしていくことができます。エイジングケアの中でもシワやたるみ対策の化粧品を使うとよいでしょう。

まとめ

お肌のたるみができる根本的な原因について、また、どのような事をしたらいいのかご理解いただけたでしょうか。タルミには、外的要因と内的要因が大きくかかわっていて生活習慣の乱れも肌が弛む原因の一つです。
普段から、規則正しい生活を心がけて、紫外線対策、適度な運動をし、食生活、基礎化粧品を見直していくようにしましょう。外食ばかりではなく、新鮮な食材を自炊で取り入れるだけでも違いますよ。

顔のたるみ体操は、テレビを見ているとき、家事をしているときでもながら体操ができるので、普段の生活に習慣づけするといいでしょう。筋力が付けば、随分肌が上向きになります。シワが目立たない美肌を手に入れるために心がけていきましょうね。

 

たるみに効くハリ化粧品

この記事に関連する記事一覧