ハリ化粧品

30代〜40代の肌荒れスパイラルを打開しよう

読了までの目安時間:約 3分

 

肌荒れスパイラル 30代〜40代の方のお肌の悩みは種類が多くありますが、注意したいのが肌荒れスパイラルと呼ばれるものです。まず、女性ホルモンのエストロゲン値の低下による体内およびお肌の機能の低下が始まります。そののち、肌…


肌荒れスパイラル

30代〜40代の方のお肌の悩みは種類が多くありますが、注意したいのが肌荒れスパイラルと呼ばれるものです。まず、女性ホルモンのエストロゲン値の低下による体内およびお肌の機能の低下が始まります。そののち、肌荒れを起こす酵素が活性化してきます。これは炎症にまで発展することのある酵素なのです。次には、水分保持機能が低下してきます。

水分が足りなくなれば、当然本来もっているお肌の機能も低下する…ということで肌荒れスパイラルが継続していくことになるようです。具体的には、女性ホルモンのエストロゲン値の低下はもとより、セラミド産生量の低下、皮脂分泌量の低下、コラーゲン・ヒアルロン酸の産生量の低下といったものがあげられます。

これらの悪循環を断ち切るということが、30代〜40代の女性のスキンケアには必要だということが言えます。この悪循環を放置しておくとどういう問題があらわれてくるのでしょうか。
まずは、若いころに比べて、敏感肌・乾燥肌になったという実感が顕著に出てきます。今までと同じスキンケア化粧品を使っており、体調もそれほど変わりないはずなのに、お肌だけが異常を感じているという状態です。

スキンケア化粧品の効果を知ること

次に、エイジング関係の悩みが増えてきます。シワ、乾燥、たるみ、シミ、ハリの不足といったものがよく聞かれるところではあります。実は、このエイジング関係の悩みというのも女性ホルモンのエストロゲン値の低下によるところが大きいのです。もちろん、紫外線によっても影響はあるのですが、子供や若い人はいくら紫外線をあびてもしわ、シミ、たるみはおきません。

それを考えてみてもお分かりのように、30代〜40代の方のお肌の悩みは女性ホルモンのエストロゲン値の低下によるところが大きいと言えるでしょう。

その点を踏まえて秋冬用へのスキンケア化粧品のシフトを考えた場合、メーカー側の研究開発の目的を調べてみるというのも効果的な方法です。つまり、単なる敏感肌・乾燥肌用に製造されているだけでなく、女性ホルモンのエストロゲン値低下という老化による肌悩みに特化して作られた敏感肌・乾燥肌ようのスキンケア化粧品であれば、根本的に解決してくれる化粧品であるといえそうです。

有効成分としては、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンの産生を増やしてくれるビタミンC誘導体が配合されているものであればなおさら効果がアップします。

 

乾燥肌対策ガイド | 保湿化粧品&正しい洗顔でハリ肌づくり

この記事に関連する記事一覧