ハリ化粧品

日焼けによる乾燥の対策と保湿ケア / うっかり焼けた時のアフターケア

読了までの目安時間:約 3分

 

化粧品を選びなおしてみよう 夏場は汗をかくからといって、保湿をあまりしていなかったという人、結構いらっしゃるのではないでしょうか。夏場は普通にしていても汗をかきますので、保湿をしようとするとかえってベタベタしてしまって気…


化粧品を選びなおしてみよう

夏場は汗をかくからといって、保湿をあまりしていなかったという人、結構いらっしゃるのではないでしょうか。夏場は普通にしていても汗をかきますので、保湿をしようとするとかえってベタベタしてしまって気持ち悪いという人もいるかもしれません。

その結果、うっかり肌ケアを忘れて日焼け止めを塗り忘れたり、剥げかかっているのをわかっていて暑くて塗りなおしが億劫になり、日焼けをしてしまった・・・という人もいらっしゃるかと思います。そんなうっかり日焼けへの対策はどうしたらよいのでしょうか。

本当は夏場の日焼け対策、美白対策がもっとも効果的であったはずなのですが、秋口からでも毎日ケアしていけばお肌を日焼け前に戻していくことはできないことではありません。

まず、日焼けの度合いによっては、またシミの出具合によっては、化粧品を選びなおすことも必要かもしれません。つまり美白効果に期待ができるというコンセプトで開発された化粧品です。

美白に効果の期待できる成分を使用すること

同じメーカーでも、普通タイプの化粧品と美白に効果があるとして違ったラインで別に紹介されているラインがあるかと思います。うっかり日焼けへの対策には、できればこういった美白効果を狙ったものでお手入れをしていかれることが望ましいかと思います。

さて、日焼け日焼けと簡単に言いますが、いったい日焼けをした肌というのはどういう状態になっているかといいますと、軽い火傷をしていると同等であると考えられます。


火傷をした肌は、水分が奪われがちです。そして新しい皮膚を造ろうとしてはいるのですがそこへ新しい皮膚を作る材料が充分になければ、新しいお肌は生まれません。そこで新しい肌を生成してくれるのを手助けする成分が必要となります。

それには、ビタミンC誘導体、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミドなどといった美容成分が含有されているものが有効だとされます。また、保湿がなされなければ新しい皮膚も生まれにくいですので、しっかりと保湿もしてあげましょう。

また、食生活においてもビタミンCなどのビタミン類をしっかりとることは美肌にとっても大事です。そして、水分もしっかりと経口でとってあげるようにしましょう。

 

乾燥肌対策ガイド | 保湿化粧品&正しい洗顔でハリ肌づくり

この記事に関連する記事一覧