ハリ化粧品

ほうれい線のしわを消す!化粧品選びと日常生活でできる対策まとめ

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s

あるだけで実年齢より老けて見えるほうれい線。気がつくとファンデーションがほうれい線のしわに入り込んでいたという経験はありませんか。そんなに年齢はいっていないのに、ほうれい線が気になる方いませんか。ほうれい線に効果的な日常生活でできる対策とおすすめの化粧品を紹介します。毎日のケアでほうれい線を消して明るい気分を取り戻しましょう。

ほうれい線ができる原因は?

肌は一番表面から順に表皮、真皮、皮下組織、筋肉という4層で成り立っています。どの層にできたしわなのかによってほうれい線の深さは変わります。ほうれい線は加齢によるものと思われがちですが、他にもいくつか原因があります。

たるみ

顔の筋肉は表情筋と言い、喜怒哀楽といった顔の表情を作り出しています。加齢と共に表情筋が衰えると、その上にある皮下組織や真皮が支えられなくなり、皮膚がたるみます。表情筋は体の筋肉と同じように使わないと衰えるので、無表情や会話が少ないと表情筋は衰え、たるみを引き起こします。また、過度なダイエットによる急激な痩せや、むくみによっても皮膚はたるみます。

乾燥

肌が乾燥すると表皮の水分が失われ、カサカサした状態になります。乾燥は小じわの基です。小じわを放置しておくと、肌の弾力やハリを生み出す真皮に影響を及ぼし、そのうちにほうれい線となってしまいます。

紫外線

肌老化の大敵と言われる紫外線はほうれい線にも関わっています。肌の弾力やハリは真皮にあるコラーゲンやエラスチンによって保たれています。紫外線が真皮に届くと、コラーゲンやエラスチンを作り出す細胞が傷つき、弾力やハリが失われてしまいます。

日常の癖と遺伝的要素

左右どちらか一方で食べ物を噛む、横を向いて寝る、頬杖をつくといった日常の癖があると、骨格が歪み表情筋のバランスが崩れます。そうなると、片方だけのほうれい線が目立つようになります。遺伝的要素としては、目鼻立ちがはっきりしている頬高の方や、ほほに肉が付きやすい丸顔の方はほうれい線が目立ちやすくなります。

日常でできるほうれい線対策

ほうれい線を消すためのポイントは、たるみの解消と日常の癖を直すことです。ポイントを押さえて、さっそく日常でできるほうれい線対策をしましょう。

たるみの解消

たるみの原因は主にむくみ、表情筋の衰え、真皮のダメージです。むくみは冷えや塩分の摂りすぎなどで老廃物が顔に溜まることにより起こります。むくみに効くツボ押しマッサージで老廃物を流しましょう。

リンパの流れがよくなったら次は表情筋を鍛えましょう。最も簡単に表情筋を鍛える方法は笑顔です。笑うことでたくさんの表情筋が使われます。

真皮のダメージは加齢や紫外線によるものです。紫外線対策として、冬でもしっかり日焼け止めを塗りましょう。

日常の癖を直す

食べ物を噛む、寝る、頬杖をつくといった日常の動作が癖になっていませんか。食べ物を噛むとき、噛みやすい方があると思いますが、いつも噛んでいる方の筋肉が発達するので左右均等に噛むようにしましょう。横を向いて寝る方は、左右どちらか寝やすい体勢があるはずです。決まった方に向いて寝ると、下の頬に重力がかかるので仰向けに寝るようにしましょう。頬杖をつく癖があると、顔の片方に重力がかかり、そのうちに顔の重心までも片寄ってしまいます。頬杖はしわができやすい姿勢なのでやめましょう。このような日常の癖を意識してやめるように心がけるだけでもほうれい線は改善されます。

ほうれい線を消す化粧品の選び方

ほうれい線は浅いしわと深いしわの大きく2つに分けられます。それぞれのほうれい線を消すのに効果的な化粧品の成分をチェックして選びましょう。

浅いほうれい線

浅いほうれい線は表皮の乾燥やむくみによってできたしわです。むくみはマッサージで解消することができますが、乾燥は化粧品を使わないと改善されません。乾燥は保湿をしてうるおいを与えることが何より大切になります。乾燥には保湿効果の高いセラミド配合の化粧品を選びましょう。セラミドは元々人の肌に存在し、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の主な成分です。肌のうるおいを保つ役割を果たし、乾燥や外部からの刺激に対して肌を守ってくれます。元々肌に備わっている成分なので、敏感肌の方でも安心して使うことができる成分です。

深いほうれい線

深いほうれい線は真皮のダメージや表情筋の衰えによってできたしわです。表情筋は筋肉を鍛えることが一番効果的です。真皮のダメージは化粧品を使うことで改善されます。真皮は主にコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンから成り立っていて、これらを作り出すサポート力のある化粧品を使いましょう。肌に弾力やハリを与えるサポート力のある成分として、ビタミンCやビタミンAの一種であるレチノールがあります。

ほうれい線に効果的なおすすめ化粧品

ほうれい線を消すのに効果的な化粧品の成分をチェックしたら、早速その成分が含まれている化粧品を使いましょう。ほうれい線に効果的なおすすめの化粧品を紹介します。

アヤナス/ディセンシア

ほうれい線にアヤナス
敏感肌、乾燥肌で浅いほうれい線におすすめなのが、ディセンシアのエイジングケアライン「アヤナス」です。アヤナスは保湿効果のあるセラミドの中でも、人の肌にあるセラミドと同じ構造のヒト型セラミドが使用されています。保湿力が高く、刺激が少ないのが特徴です。ヒト型セラミドをナノサイズにしたセラミドナノスフィアは、肌の奥までしっかり浸透させることができます。アヤナスは、セラミドナノスフィアが配合された非常に保湿力の高い化粧品です。また、季節の変わり目など外部からの影響を受けるゆらぎ肌の抑制や、コラーゲンを作り出すサポートもしっかりできるラインとなっています。

ディープラインケア/ビーグレン

ほうれい線にビーグレン
真皮の深いほうれい線におすすめなのが、ビーグレンの「ディープケアライン」です。肌に弾力やハリを与える成分であるビタミンCやビタミンAを中心としたラインとなっています。酸化しやすく化粧品で補うのは難しいビタミンCや2種類のビタミンAが、超微小のカプセルに閉じ込められているので、肌の奥までしっかり浸透させることができます。長時間効果を発揮することができるので、肌の弾力やハリを取り戻す強い味方となってくれます。他にも、高い保湿力の化粧水やクリームも入ったラインになっています。

まとめ

ほうれい線は年齢に関係なくできるしわです。日常でできる対策と、効果的な化粧品を使って毎日ケアすることが大切です。ほうれい線を消して、明るい気分を取り戻しましょう。

 

ほうれい線に効くハリ化粧品

この記事に関連する記事一覧