ハリ化粧品

老人性乾燥肌の対策と保湿ケア / 予防と化粧品を交えた最適解

読了までの目安時間:約 3分

 

色素沈着の一種であるシミ、そしてたるみ、小じわをも生み出してしまう老人性乾燥肌はどうしたら改善できるのでしょうか。 老人性乾燥肌は、加齢によって肌に影響が出てきてしまう状況であるだけに、肌表面だけを見ていても本当の改善に…


色素沈着の一種であるシミ、そしてたるみ、小じわをも生み出してしまう老人性乾燥肌はどうしたら改善できるのでしょうか。

老人性乾燥肌は、加齢によって肌に影響が出てきてしまう状況であるだけに、肌表面だけを見ていても本当の改善にはなりません。年齢を重ね、高齢となるにつれて体の組織の機能が低下するのは否めません。最適な対策についてみていきましょう。

老人性乾燥肌の基本

皮膚を保湿しようとする成分も減っていきますから、体内の変化の結果が老人性乾燥肌をもたらしているといえるのです。
老人性乾燥肌には、痒くなる老人性掻痒症と、老人性乾皮症に大きく分けられます。老人性乾燥肌のなかでも乾皮症は、加齢のために肌の水分量、皮脂量が減少していったために保湿力が低下してきて起こってきた症状ということになります。しかしそれだけならいいのですが、秋冬になってくると次第にかゆみを伴ってくるので辛い季節ともなります。

老人性掻痒症

対して老人性掻痒症とは、肌の機能が低下してきてしまったために起こるものです。年齢を重ねると次第に皮脂量が減っていき、それにともない汗も出にくくなります。乾燥する季節ともなれば肌がカサカサという感じにさえなってしまいます。

老人性乾燥肌の対策

これら老人性乾燥肌の予防法のひとつとして、入浴方法があります。入浴時には熱いお湯にしてしまうと余計に皮脂を奪ってしまうので、ぬるめのお湯にしましょう。といっても、冷えてしまってもいけませんので、適度な湯温でゆっくりつかりましょう。熱いお湯にさっと入るのがあまりよくないのです。

体や顔を洗うときにもちょっとした注意で防ぐことができます。たとえば、泡をしっかりとたてて肌に刺激を与えないようにします。できれば無添加のシャンプー、石鹸などを使うとベターです。入浴後、すぐの保湿が大事となってくるのはもうすでにご存じの方も多いかと思います。入浴後ほうっておくと、どんどんと乾燥してさらに老人性乾燥肌を招いてしまうので、ボディローションなどでお手入れをしてあげましょう。できれば、出てくる前に、冷たすぎない低温のお湯を体にさっとかけると、瞬時に乾いていくことを少しでも予防できると思います。

洗顔でも同じことが言えます。泡をしっかりたてて刺激ができるだけ加えられないようにすることが大事です。そして熱すぎない、ちょっとぬるいかなと思えるくらいの湯温で洗い流しましょう。タオルでふく前に水か同等のぬるま湯でちょっと顔表面を濡らしてからタオルドライすると、乾きを遅らせることができます。

 

乾燥肌対策ガイド | 保湿化粧品&正しい洗顔でハリ肌づくり

この記事に関連する記事一覧